【消滅都市0】アーティファクト評価一覧!使えないものやおすすめは?

アーティファクト

消滅都市0でパーティーを組む時に
1つだけ入れられる、アーティファクト

各属性ごとに様々な種類のアーティファクトがあり、
役に立つものから使えないものまで様々です。

今回の記事では、アーティファクトの種類や
アーティファクトの効果的な使い方をまとめました!

スポンサーリンク

アーティファクトの種類一覧

消滅都市0のアーティファクトは属性ごとにあり、
レア度も☆3☆5まで分かれています。

アーティファクトの数は多いですが、
実は属性やレア度が違うだけで
似たような効果のアーティファクトも多いです。

消滅都市2で入手できるアーティファクトを
種類別にまとめると、以下のようになります。

スフィア強化系(FEVER中)

・ポーン系(☆3,☆4)
・レコード(カリスマのレコード)
・水晶(占星術師の水晶)
・ダヴィンチの置物?(クリプテックス)
・緑色の鏡(ヤタノカガミ)
・信長の刀(魔王の名刀)

スフィア強化系(FEVER以外)

・ビショップ系(☆3,☆4)
・弁護士バッジ(究明の弁護士記章)

スキル回数増加系

・ナイト系(☆3,☆4)
・ぬいぐるみ(☆3)
・青色の杖(紳士の仕込み杖)
・手裏剣(暗影の手裏剣)
・緑の杖(巫女の鉾先錫)

HP限界突破系

・ルーク系(☆3,☆4)
・ジャンヌの旗(救世の戦旗)
・クレオパトラの杖(アスクレピオスの杖)
・青色の宝石(麗王妃のジュエリー)

スキルターンマイナス系

・クイーン系(☆3,☆4)
・爪(復讐者の鉄爪)
・フラスコ(化学者のフラスコ)
・筆(入魂の大筆)
・カード(ESPカード)
・チェーンソー(ゴシックチェーンソー)
・首輪(ある無人島の首輪)

ダメージ系

・忍の扇(☆3)
・カメラ(記者のカメラ)
・ヨーヨー(殺人ヨーヨー)
・光の杖(大司教の聖杖)
・ランタン(看護士のランタン)

スキル時間増加系

・リンゴ(物理学者のリンゴ)
・赤色の杖(破戒僧の錫杖)

combo(コンボ)系

・ 楊貴妃の楽器(比翼の琵琶)
・沖田の刀(名刀・加州清光)

その他

・妖刀(陰陽師の妖刀)
・ナイフ(死神のナイフ)
・馬(大王の愛馬)

スポンサーリンク

番外編( スキルで作られるもの)

このタイプは、特定タマシイのスキル
「アーティファクト生成」で
クエスト中にのみ追加されるアーティファクトです。

スキルで追加される
アーティファクトの効果は、

・スフィア変化+攻撃速度up
・スキルターンマイナス
・現在HP×150ダメージ
・トリプルアタック(一度に3回攻撃)


など、他のアーティファクトには
ない効果ばかり!

このタイプのアーティファクトを使うには、
「アーティファクト生成」のスキルを持った
タマシイをパーティーに入れる必要があります。

イメージとしては、タマシイに
アーティファクトが付いてくる感じです。

つまり、この場合は
アーティファクトを2つ
使えるということになります!

現時点では「アーティファクト生成」の
スキルを持ったタマシイは、
一部の除いて、ほとんどが限定タマシイです。

なかなか入手は難しいですが、もし手持ちにいれば
とりあえずパーティーに入れるだけでも
かなりの効果を発揮します!

アーティファクトのオススメや効果的な使い方は?

ここでは、↑でまとめた種類別のアーティファクトと
それぞれの効果的な使い方を紹介していきます!

持っていれば絶対に入れておきたいもの

スキルターンマイナス系

タマシイのスキルターンを減らす類のアーティファクトは、
アーティファクトの中でもかなり使える部類に入ります。

基本どのクエストでも役に立ちますが、
クエストの難易度が上がれば上がるほど
役に立つアーティファクトと言えます。

特にランキングクエストではクリアタイムを競うので、
このアーティファクトがあるかないかで
スコアが大きく変わります。

☆3のクイーンなどは割と手に入りやすいので
もし手に入れた時は、絶対に売ったりしないようにすることを勧めます!

スフィア強化系

ポーンやビショップなど、FEVER中や
それ以外でのスフィアを強化するアーティファクトは、
基本的にどのクエストでも役に立ちます。

種類も多く、レア度が低いものも多いので
あっても困ることはない類のアーティファクトです。

基本的にどのクエストでも役に立つので、
どれを入れるか迷っても、とりあえず入れておけば
問題ないでしょう。

スポンサーリンク

特定の時に役立つもの

スキル時間増加系

スキルの効果時間を増やすアーティファクトは、
タマシイのスキルと組み合わせて
使用するのが普通です。

このタイプのアーティファクトと
相性が良いスキルは、

・時限エンハ
・攻撃速度上昇(アーティファクト生成)

など。

どちらも強力なスキルなので、
基本的にどのクエストでも役立ちます!

ダメージ系

この種類のアーティファクトについては、
ランタンとそれ以外の
アーティファクトでは使い方が異なります。

ランタンは「今の自分のHP
それ以外のアーティファクトは
自分の「受けているダメージ
によってダメージが変わります。

なので、このタイプのアーティファクトを使う時は

・ランタン→HPを増やすスキル
・それ以外→自分のHPを消費するスキル


とセットにした方が、使いやすいです。

このアーティファクトが役立つのは、
普通の敵タマシイ相手もそうですが
高防御タマシイにダメージを与える時。

一度に与えるダメージが多いので、
敵の防御力を貫通して一気にダメージを与える、
という使い方が効果的です。

HP限界突破系(ルーク系除く)

このタイプのアーティファクトは、
HPがMAXの時に使えば
自分のHPが2倍になります。

アーティファクト単体でもそれなりに役立ちますが
このアーティファクトが本領を発揮するのは、
とあるタマシイのスキルと組み合わせた時。

そのタマシイは「自分の現在HP×40のダメージを与える」
スキルを持つタマシイ。

無償の奉仕者 コズエ
悪意の感染源 クニト

の2体です。
共に☆6タマシイですが、赤封筒から手に入るので
そこまで入手しにくいわけではありません。

これらのタマシイは「各属性のタマシイのHPを2倍にする」
リーダースキルを持っているので、
リーダーとフレンドの両方をコズエまたはクニトにすると、
パーティーのHPは驚異的な数字になります。

さらにこのアーティファクトでHPを倍にしてから
コズエ、クニトのスキルを使うことで
一気に数百万単位のダメージを敵に与えられます。

アーティファクト自体が手に入りにくいのが玉にキズですが、
もし手に入れた場合はぜひ一度使ってみることをオススメします!

スポンサーリンク

遅延系(ナイフ、馬)

遅延スキル自体が貴重なスキルで、
どのタイミングで使っても
それなりに役立つスキル。

なので、この2つのアーティファクトも
普通に使うだけで
そこそこ役に立ちます。

このタイプのアーティファクトを使うときには、
アーティファクト単独ではなく
スフィア変換やダイブなど、
他のスキルと組み合わせて使うのが効果的です。

combo(コンボ)系

comboのダメージや回数を増やすアーティファクトは、
それ自体の効果は悪くありません。

ただ、正直言って
combo自体が最近は使われなくなっています。。。

その理由は、
comboは敵からの攻撃を受けると
効果が途切れてしまうから
です。

敵の割り込み攻撃が多い最近のクエストとは
どうしても相性が悪くなってしまいます。

この種類のアーティファクトを使うときには、

・割り込み攻撃をしてこない相手に使う
・連射スキルと組み合わせる

など、少し工夫する必要があります。

スキル回数増加系

スキル回数を増やすアーティファクトは

・味方の攻撃力を〇回アップ
・敵の攻撃を〇回無効

などのスキルと組み合わせることになります。

一時的に効果があるアーティファクトではありますが、
他のアーティファクトに比べると
やや効果は見劣りするかな?というところです。

無いよりはマシなもの

妖刀(陰陽師の妖刀)

妖刀は、普通に使う分には困りませんが
非常に役立つ、という訳でもない
アーティファクトです。

上で紹介した、スキルターンマイナス系など、
他に役立つアーティファクトがあれば
そちらを優先させた方がいいと思います。

ルーク系(HP限界突破系)

ルーク系(HP限界突破)は
限界突破の時間が限られているため、
使いどころが難しい、
というのが正直な感想です。

強いて言うなら
コズエ、クニトと併せて使うことも
できなくはないですが。。。

アーティファクトの枠を使ってしまう割には
あまり大きな効果があるとは言えません。

他にアーティファクトがあれば、
そちらを優先して入れたほうがいいと思います。

おすすめアーティファクト情報まとめ

消滅都市0で登場するアーティファクトについて、
効果的な使い方をまとめました!

アーティファクトはタマシイと違って
高レア度だと強い、使いやすい、という
感覚ではありません。

レア度が低くても、あるだけで意外と役に立つので
手に入れた分はゼッタイ売らずに
持っておくことをオススメします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました